火星人マイナス霊合星人・2014年仕事運

2020年1月5日

細木数子の六星占術・火星人-霊合星人2014年(平成26年)の仕事運は、陰影なところに健弱が襲ってくる・・・というもの。

「陰影」✕「健弱」の時の仕事・勉強運

陰影×健弱での仕事運

火星人-霊合星人の2014年は、ベースとなる火星人マイナスの運勢が大殺界の始まり「陰影」、それに影響を与えるとされる水星人マイナスの運勢が小殺界の「健弱」

霊合星人の人が仕事でうまくやっていくためには、ベースとなる星、影響を与える星の互いの長所(特長)で互いの短所を補う・・・ということが考えられますが、運気については、「良い運気と良い運気」、「悪い運気と悪い運気」が重なることが多いため、「互いに補い合う」というわけにはいかないようですよね・・・

2014年のような「悪い運気が重なるとき」には、基本的には、「充電期間」と考え、イチかバチかの勝負みたいなことは避けたほうがよいのでしょうね・・・

今日の仕事運

「仕事を運のせいにはしない!」という気持ちは持っていてしかるべきかと思われますが、かといって、「運気は仕事に影響しない」と断言できる人はなかなかいないのではないでしょうか?

火星人-霊合星人にとって、2014年は「陰影」ベースに「健弱」が影響するという厳しい運気にあります。

こんなときは、運気から目をそむけたくなるかもしれませんが、むしろ、こういうときこそ、次の好運期のために、着々準備をしておく・・・という発想で毎日過ごすのも良いかもしれませんね・・・

年の運気は厳しくても、その中で「いい運気」というのはしょっちゅう巡ってきます。

毎日の運気を知ることで、それを仕事のエネルギーにすることができる・・・それが六星占術の素晴らしいところでしょう。

仕事運をアップさせる秘策

たとえ、六星占術上の運勢が良くなかったとしても、それで何もかもあきらめてしまうような人はさすがにいないでしょう。

手段というのは限りなくあるものです。

スポンサードリンク

スポンサードリンク