天王星人マイナス霊合星人・2015年の運勢

2020年1月4日

細木数子六星占術・天王星人-霊合星人(てんのうせいじんマイナスれいごうせいじん)2015年(平成27年)の運勢

まず、ベースとなる天王星人-の2015年の運勢が「種子」。

そして、それに影響を与えるとされる正反対に位置する土星人-の運勢は「再会」。

霊合星人「種子」✕「再会」の解釈

「種子」✕「再会」の時の恋愛・結婚運

「種子」✕「再会」の時の仕事・勉強運

2015年はこんな年

3年間続いたベースの運気の「大殺界」も終わり、新たな12年の幕開け! ・・・ということですね・・・

毎月の運勢

六星占術の運気は12種類あって、それが年ごと、月ごと、日ごとに巡っています。

天王星人-霊合星人の場合、2015年の運気は「種子」と「再会」ということですが、その下で、さらに月ごとに12の運気が巡っています。

あくまで、月の運気は年の運気の下位に位置づけられるので、月の運気が年の運気を打ち消すような解釈はすべきではありませんが、好調・不調の月をあらかじめ知っておくことで、何か行動を起こす時の目安にはなるでしょう。

天王星人マイナス霊合星人・月ごとの運勢

今日の運勢

六星占術の12の運気は、さらに、日ごとに巡っています。

気の大きさや意味は、月の運気よりもさらに小さくなりますが、その日その日の判断、行動を律するために、毎日の運勢を意識している人は少なからずいるようです。

慣れてくれば、「昨日は『再会』だったから、今日は『財成』か・・・」のように、感覚でその日の運気が分かるようになってくるはずです。

そうなれば、何をするにしても、確率の高い判断や行動ができるようになるでしょう・・・

スポンサードリンク

スポンサードリンク