霊合星人「安定」×「立花」の解釈

2020年1月3日

六星占術の霊合星人に12年に1度の周期で巡ってくる「安定」✕「立花」という運勢。

ベースとなる運勢が「安定」で、影響を与える運勢が「立花」の場合。

ベースが「立花」で、影響が「安定」の場合はコチラ>>

どんなふうに解釈すべき?

「安定」×「立花」の解釈

ベースの「安定」とは?

「安定」というのは、12ある六星占術の運勢のうちの9番目に訪れる運勢。

「再会」「財成」に続いてやってくる好調3期目にして、大殺界直前の運勢になります。

運勢を電波に例えて考えると、この「安定」という運勢がとてもありがたく、心地よいものと理解できるでしょう。

途切れ途切れにならず、常に受信が良好な状態…

そんな運勢といえるでしょう。

影響を与える「立花」とは?

そして、その「安定」に影響を与えるのが「立花」という運勢。

「立花」とは、六星占術の12の運勢の中で3番目に巡って来る運勢。最初のピーク運気ということになります。

今後、長期的には運勢のボリュームはさらに大きくなっていくでしょうが、ひとまず、運気らしい運気にはなってきたといったところでしょうか。

「安定」×「立花」

幸せを満喫できる「安定」という運勢に、「立花」という小さなピーク運気が花を添える…

霊合星人の特権的な運勢環境にあります。

きっと、後で振り返った時に「あの年はいい年だったな…」と思える年になることでしょう。

「安定」×「立花」の時の恋愛・結婚

今こそ、決着をつける時?

「安定」✕「立花」の時の恋愛・結婚運

「安定」×「立花」の時の仕事・勉強

喜んでいていいの?

「安定」✕「立花」の時の仕事・勉強運

2020年「安定」×「立花」なのは?

2020年の運勢が「安定」×「立花」なのは、木星人プラス霊合星人です。

※2021年の運勢が「安定」×「立花」なのは、木星人マイナス霊合星人。

※2019年の運勢が「安定」×「立花」なのは、水星人マイナス霊合星人。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

運勢解釈

Posted by 夢子