金星人マイナス霊合星人・2014年仕事運

2020年1月6日

細木数子の六星占術・金星人-霊合星人(きんせいじんマイナスれいごうせいじん)2014年(平成26年)の仕事運は、財成な運気を緑生がパワーアップさせる・・・というもの。

「財成」✕「緑生」の時の仕事・勉強運

絶好調期の到来

金星人マイナス霊合星人の2014年の運勢は、ベースとなる金星人-が金運財運好調の「財成」、それに影響を与えるとされる木星人マイナス霊合星人が成長の「緑生」。
・・・ということは、どう考えてたって、仕事運は良さそう!
特に、「仕事は稼ぐお金の量で測られる」という考えを持っている人なら、2014年のベースとなる運気「財成」は心強い味方になってくれると期待しちゃいますよね・・・

今日の仕事運

ところで・・・、「今年は運気がいい」ということが分かった途端、急に緊張の糸が緩んでしまい、気持ちばかりが大きくなってしまって・・・なんてことになってはいないでしょうか?

霊合星人の場合、3期連続で絶好期が続き、しかも、「財成」と「緑生」の組み合わせのときというのは、絶好調期の真ん中にあることはご存知ですよね?

六星占術に詳しい人の場合、「こういう時期は何をやってもうまくいくはず!」という気持ちが強くなりすぎて、逆に、運の強さではカバーできないような大失態を演じてしまう・・・なんてことがなきにしもあらず・・・

いくら好調な年とはいえ、月の運勢や毎日の運勢は、アップダウンを繰り返しています。イケイケの一本調子ではなく、「大きな前進のための小さな後退」のような意識が必要なのは、好調期でも同じはず。

なかなかメリハリがうまくつけられないという人は、毎日の運勢チェックから始めてみてはいかがでしょう?

仕事運をアップさせる秘策

運勢を意識し始めると、気持ちがシャキッとしてくるものではありますが、それでも、「分かっちゃいるけど、つい・・・」と怠けてしまったり、優先順位の低いものに夢中になってしまったり・・・と、いつ、悪い流れに転じてしまうか分かったものではありません。

そこで・・・

人間、いい意味で、子供のようなワクワク感を持っていることで、自分をまっすぐに保ってくれることもあるようです。

スポンサードリンク

スポンサードリンク