金星人プラス霊合星人・2014年の運勢

2020年1月6日

細木数子の六星占術・金星人+霊合星人(きんせいじんプラスれいごうせいじん)の2014年(平成26年)の運勢

まず、ベースとなる金星人+の2014年の運勢が「安定」。

それに影響を与えるとされる木星人+の運勢は「立花」。

霊合星人「安定」✕「立花」の解釈

「安定」✕「立花」の時の恋愛・結婚運

「安定」✕「立花」の時の仕事・勉強運

2014年はこんな年

3期続く好調期の3期目が2つ重なった運勢・・・それがが金星人+霊合星人の2014年の運勢ということになります。

月の運勢

六星占術の運気は12種類あって、それが年ごと、月ごと、日ごとに巡っています。

金星人+霊合星人の場合、2014年の運気は「安定」と「立花」ということですが、その下で、さらに月ごとに12の運気が巡っています。

あくまで、月の運気は年の運気の下位に位置づけられるので、年の運気ほどの重要性はないともいえますが、気持ちのメリハリをつけるための重要な指標になることは間違いないでしょう。

金星人プラス霊合星人・月ごとの運勢

肝心なのは、運気を見て一喜一憂することではなく、それぞれの運気のときにどのような判断・行動をするか?ということではないでしょうか?

細木師自身、「六星占術は、自分の運命を変え、幸せな人生を送るためのツール」ということを言っていたはず。くれぐれも、ネガティブな運気を見てあきらめの境地に至ってしまうようなことのないように・・・

今日の運勢

六星占術の12の運気は、さらに、日ごとに巡っています。

金星人+霊合星人の場合、「金星人+のその日の運勢」と、それに影響を与える「木星人+のその日の運勢」を見て「今日の運勢」を把握することになりましょうか・・・

「今日の運勢」というのは、年ごとに巡る大きな運気、月ごとに巡る中くらいの運気に支配されているとはいえ、ある意味、最もケアすべき運気といえるかもしれませんよね・・・。

と言いますのは、「その日の心がけ」はその日にしかできないわけで、一日一日を大切に生きることの積み重ねが、人生を大きく左右することになるのでしょうから・・・

スポンサードリンク

スポンサードリンク