霊合星人「乱気」×「減退」の解釈

2020年1月3日

六星占術の霊合星人に12年に1度の周期で巡ってくる「乱気」✕「減退」という運勢。

ベースとなる運勢が「乱気」で、影響を与える運勢が「減退」の場合。

ベースが「減退」で、影響が「乱気」の場合はコチラ>>

どんなふうに解釈すべき?

「乱気」×「減退」の解釈

ベースの「乱気」とは?

「乱気」というのは、「達成」の次、「再会」の前に巡って来る運気。

「達成」⇒「乱気」⇒「再会」…。

最高潮と言われる「達成」が去った後、「再会」「財成」「安定」の好調期がやって来る前、その谷間の不安定期が「乱気」です。

「乱気」とはその言葉のイメージ通り、「上がったり下がったりが激しい運気」と解釈すべきでしょう。

実際、凄くいいことがあったかと思ったら、その直後、入院する羽目になった…なんて人もいます。

影響を与える「減退」とは?

「減退」は、六星占術の12ある運勢の一番最後に巡って来る運勢。

というより、「大殺界の3期目」と言った方がピンと来ますね。

「前に進みたくても進めない…」

「進んでいるつもりが、ズブズブと深みにはまって行く…」

といったイメージの運気でしょうか。

乱気」×「減退」とは?

ベースの運勢は中殺界とも言われる「乱気」。

「乱気」においては、「悪いことばかりとは限らない」という実感を持っている人が多いでしょう。

ですが、霊合星人の場合は「減退」の影響を受けるので、「下げ」状態に入った時に歯止めが利かない・・・なんて可能性もあるわけですね。

なので…

飛び上るほど嬉しくなるようなことがあったとしても、飛び上がり過ぎないことが肝心でしょう。

「乱気」×「減退」の時の恋愛・結婚

「乱気」×「減退」で傷つかないために…

「乱気」✕「減退」の時の恋愛・結婚運

「乱気」×「減退」の時の仕事・勉強

「しまった…」と思った時にはもう遅い?

「乱気」✕「減退」の時の仕事・勉強運

2020年「乱気」×「減退」なのは?

2020年の運勢が「乱気」×「減退」なのは、天王星人マイナス霊合星人です。

※2021年の運勢が「乱気」×「減退」なのは、火星人プラス霊合星人。

※2019年の運勢が「乱気」×「減退」なのは、天王星人プラス霊合星人。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

運勢解釈

Posted by 夢子